プロダクトライフサイクル – 戦略・フレームワーク用語集 | Mood&Feeling株式会社

プロダクトライフサイクル – 戦略・フレームワーク用語集 | Mood&Feeling株式会社

プロダクトライフサイクルは、製品・サービスは市場に投入されてから衰退するまでに大きく4つの時期の顧客特性や競争環境の特徴を踏まえたマーケティングが必要という考え方と。略してPLC。
4つの時期は導入期、成長期、成熟期、衰退期に分類され、製品・サービスの市場浸透率が高まり、一定の閾値を超え成長期、成熟期へと進む。破壊的イノベーションにより優れた代替品が出てくることで衰退期へと向かっていく。【導入期】
世間に当該商品・サービスが全く認知さず、新しいものが好きな少数のユーザーが主要なターゲット。需要が少なく、製品価格は高い。
この段階で情報感度の高いユーザーに向け新規性をアピールしていくマーケティングが必要。
導入期のユーザーは製品革新に向け必要な要素を助言してくれ、リードユーザー・ティーチャーカスタマーと呼ばれる。

【成長期】
世間で少しずつ認知が進み、市場の拡大が始まり、競合製品・サービスが増加する。
この段階で顧客は、情報感度は高いが機能や実績を重視する層で、製品・サービスの市場浸透率が高まる中、積極的利用する。
このタイミングでは競合に対する優位性を示すことが重要になるため、積極的な投資・マーケティングが必要となる。

【成熟期】
市場への浸透が進み、世の中の数人に一人は商品・サービスを利用している状態。新規参入は落ち着き、事業者の淘汰も起こる。
この段階で入ってくる顧客は情報感度が低く、たくさんの人が使っているから使ってみようなスタンスの層。
マスマーケティングの影響を受けやすく、価格に敏感で、コストがかかる。一方製品としては収益を確保したい時期なので、投資と投資回収のバランスのとり方が重要。

【衰退期】
製品・サービスを代替し得る破壊的イノベーションがすでに起こり、アーリーアダプターやアーリーマジョリティがそちらへ移り出す時期。
この時期は投資を縮小して新技術へとリソースをシフトしていくことが求められ、一方で競合が撤退する中であえて残って寡占的なシェアを取る戦略もある。
コンパクトデジタルカメラはスマートフォンに代替され、多くのカメラメーカーが撤退した。一部メーカーは市場に残り、残存者利益を獲得している。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

戦略

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから