スケールメリット – 戦略・フレームワーク用語集 | Mood&Feeling株式会社

スケールメリット – 戦略・フレームワーク用語集 | Mood&Feeling株式会社

スケールメリットは、スケールが大きくなると、事業や経済活動において、有利、優位、円滑になるのメリット。

スケールメリットは、和製英語、英語は「advantages of scale」と言われる。
日本はスケールメリットという言葉が浸透し、場面に応じ使い分けていく必要がある。

100個ずつ同一製品を製造するより、1万個の同じ製品を一度に製造するほうが限界費用も小さくなるため利益率を高めれる。
企業規模が大きくなり、生産能力が高まるほど、スケールメリットは得やすい。

企業同士が合併し、企業規模を大きくすれば、知名度や市場シェア、ブランド力が上がる。他社より優位になることで利益も拡大する可能性がある。
各企業が共同出資して、共通して使える商品券やクーポンを発行し、集客の拡大を図っていくこともスケールメリットを狙っている。
スケールメリットは、市場のニーズと生産・対応能力のバランスの見極めが重要なポイント。過剰で、低品質な拡大は、信頼性、ブランド力の低下につながる。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

戦略

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから