感度分析 – 戦略・フレームワーク用語集 | Mood&Feeling株式会社

感度分析 – 戦略・フレームワーク用語集 | Mood&Feeling株式会社

感度分析は、収益性に影響を与えるパラメーターが、収益や売上結果となる数字に対してどの程度影響を与えるものかを定量的に示す分析手法。

評価するビジネスが収益の面でどういった特徴を持つビジネスか、ビジネスを推進していくうえでどういった要素に気を遣う必要があるか、ビジネスを成長させていくうえでどういった施策が必要かといった評価を定量的に行い、方針を策定すると同時に、関係者に向けて説明していく際に使われる。
M&Aのバリュエーションの際には必ず行われる。
買収するビジネスはどういったリスクやアップサイドが存在するかを把握し、リスクを低減するための打ち手を考案したり、契約自体にリスクを軽減する項目を盛り込んだりする。
他に営業施策や業務効率化施策等の検討の際に有効な打ち手の絞り込み等に使われる。
感度分析は、売上や利益、コストを計算するためのモデルを用意し、変化させたいパラメーター以外を固定し、変化させたいパラメーターを変更したときの売上や利益、コストの変化を見る。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

戦略

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから