三種の神器 – 組織・人事用語集 | Mood&Feeling株式会社

三種の神器 – 組織・人事用語集 | Mood&Feeling株式会社

三種の神器は、「終身雇用」「年功序列」「企業内労働組合」の日本の独自の経営スタイル。
アメリカの経営学者ジェームズ・アベグレンが指摘した。
日本的経営の三種の神器が主流となり、経済成長期からバブル期にかけての日本の企業経営を支えていた。

日本的経営のメリットは以下の点

長期育成による能力や技術向上が可能
従業員のロイヤリティも作りやすい
労使の話し合いがスムーズ
従業員は、安心して安定した生活を送れる、一体感のある人間関係が築きやすい環境で働くことができる。
日本的経営は、1970年代のオイルショックの頃から徐々に衰退し、1990年に入ってからのバブル崩壊で、日本的雇用の維持が難しくなった。

日本の国際競争が激しくなったことが要因。
新興国の発展が新規参入し、日本で大量生産できる優位性が減少した為。国内要因として、人口減少による労働力減少や市場縮小がある。利益は減りつつ、年功序列の賃金形態、社会保障の人的コストに耐え切れなくなった。

ITの技術の発展も著しく、ビジネス環境の変化も加速し続けている。
日本型経営のデメリットは、組織と個々の従業員が、企業活動や業務のあらゆる側面において「変化に弱くなる」点である。
人材の流動も活発化し、転職者や若手層にとって不利になりやすい評価や待遇の環境が、不満の種になることも多い。
21世紀に入って、企業の三種の神器の風潮はなくなりつつある。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

組織

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから