弁護士法人 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

弁護士法人 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

弁護士法人は、弁護士業務を目的とし、弁護士法に基づき弁護士が設立する法人。
弁護士法の改正により、平成14年4月から弁護士の法人格化が認められた。
弁護士法人の社員は全員、弁護士でないといけない。

法改正施行以前は、弁護士を個々に事務所を持つか、事務所を設立した弁護士に雇われる形が取られ、取り扱う事件・事故は、弁護士が個別に請け負っていた。
法律業務の複雑化、多様化が進み、対応が難しいケースが増加し、法人で事案を請け負う形態を認可し、弁護士業経営の安定と弁護士利用者の利便性を図るために改正された。

弁護士法人は、本店の事務所以外に、支店事務所を展開できる。
弁護士法人は過疎地域でも、効率的に広範囲の案件に対応でき、利用者の利便性にもつながった。

事件・事故の訴訟案件の請負と責任は、法人全体にわたる。
案件が各弁護士に割り振られる。負債や問題が発生した場合は、所属している弁護士全員の連帯責任となる。
法人のほうが信用度や安全性からの安心感が高まり、法人化する弁護士事務所も増えている。

法人のメリットは以下。

所属弁護士の安定性が向上する
ノウハウの蓄積、若手弁護士の育成、法人内で請負案件の引継ぎが可能となり、長期的な継続・継承が見込める
刑事、交通事故、相続、企業法務・労務、離婚、多種にわたる案件を受けられ、内容的にも物理的にも請負範囲が広がる。弁護士は個人でも弁護士会費を支払う義務があり、弁護士法人の場合、個人会費に加えて別途の会費が発生する。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから