時価総額 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

時価総額 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

時価総額は、現在の企業規模や価値を測るのに有効な指標。
時価総額=株価×発行済み株式総数で算出する。
企業を手に入れるために必要な金額を言え、買収で買収額の目安として利用される指標。

投資先を検討し、企業価値を測るときに、株価だけでは評価できない。1株式あたりの株価が低くても、発行済みの株式総数が非常に多ければ、企業規模が大きく、大きな価値があると言える。
時価総額は、企業と他社との価値比較をする際にも役立つ。同業界の企業のみならず、異業界の企業や海外企業の比較も可能となる。
経済分野で、各業界の規模や動向を測る際に同業各社の時価総額を合算する統計されることもある。
TOPIX=東証一部の時価総額は、東証一部上場株式銘柄の株価を基に算出される。数値は時価総額の高い企業の株価変動の影響を受けやすい。

株を発行している企業側から見ると、時価総額が高ければ買収リスクを軽減でき、株主・投資家の信頼も得やすいので、資金調達を行いたい場合も有利。
時価総額が高いほど、株価変動の幅が小さくなる傾向があり、安定した経営ができるようになる。
逆に株主や投資家には、短期で大きな収益をあげるのは難しい銘柄。

時価総額が低い企業は、株価の変動率が高くなること、流動性が低くなることが特徴。
企業規模や価値はどうしても小さくなるので、リスクは伴う。話題になれば、一気に株価が上昇することもあり得るハイリスクハイリターンタイプの銘柄である。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから