コモディティ化 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

コモディティ化 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

コモディティは、付加価値による差別化が難しい製品・サービス。付加価値による差別化ができた商品が出来なくなることをコモディティ化と呼ぶ。
コモディティ化した製品・サービスは事業者間での差別化が難しくなり、顧客は購買の際に価格をより重視するようになる。結果として価格競争が起こりやすくなり、収益性の悪化につながる。
オペレーショナルエクセレンスの実現により、コスト面で優位性を獲得し、コモディティで高収益を実現する企業もある。
コモディティは、元々商品の意味であり、投資の世界では原油や大豆への投資をコモディティ投資と呼ぶ。「コモディティ化」の文脈とは無関係である。

コモディティは、電力がわかりやすい例である。インフラが十分に整備されてる国は、小売事業者と契約してもほとんど停電は起こらない。消費者からすればどの小売事業者と契約しても同じ品質の電気が手に入る。消費者には再生可能エネルギーの比率によって、差別化がされていると考えることもあるが、機能自体はどの事業者から購入しても変わらない。
コモディティ化は、製品革新の競争が進む中で、新たな機能の付加価値に対して顧客が支払いたいと考える対価が低減し、新たな付加価値による差別化競争が難しくなった段階で起こる。多くの顧客が価値だと感じる付加価値は実現が進んだことを意味する。段階はKBFが付加価値からコストへと移り、産業自体がより生産コストの低い新興国等に流れていくことになる。開発から生産までを新興国のメーカーに依頼するような低コストメーカーも出現する。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから