EPS(1株当たり利益) – 財務・金融用語集 | Mood&Feeling株式会社

EPS(1株当たり利益) – 財務・金融用語集 | Mood&Feeling株式会社

EPSは、Earnings Per Shareの略で1株当たり利益の意味。
株式1株当たりの当期純利益額で、年間の当期純利益を発行済み株式総数で割った数値。

EPS=当期純利益÷発行済み株式数

※当期純利益=税引前当期純利益-法人税等
※法人税等=法人税+法人住民税+法人事業税

EPSの数値の推移を見ると、企業の収益性や成長度を測れる。
EPSの値が大きいと、収益力が高い企業とわかる。
投資家には、投資判断をする重要な指標で、他社の株式銘柄との比較、株価の上昇や下落の予測が可能。
投資指標となるPERやROEを計算する際にもEPSが使われる。

PER(株価収益率)=株価 ÷ 1株あたり利益(EPS) 
ROE(株主資本利益率)=EPS÷BPS(1株あたり純資産)×100

株式発行の企業が、経営目標として、EPSの目標値を活用する企業ある。
株式交換のM&Aは、両社の株価や評価は異なるため、交換比率を決定する必要があり、計算にもEPSが使われる。

「当期純利益の増減」と「発行済み株式数の増減」により、EPSの額は変動する。
純利益が上がれば、EPSも上がるのが基本だが、発行株式数をコントロールすると、EPSを上昇させることが可能である。
企業の経営状況の見る際に、EPSの上昇が必ずしも業績アップと一致しない点には注意が必要である。

初期投資を回収可能な場合は、「負債の減少」より、純利益が増え、EPSが上昇する。
EPS値の上昇は、業績が上がっている訳ではない。適切なプランニングで負債を賄えている、有意義な増資が行えている企業と推測できる。

発行済み株式数を減らすには、自社株買いや株式併合が有効。
業績が上がっているわけではないがEPSを上昇させる。
定期的な自社株買いでEPSを高め、株主に対する利益還元対策を行っている。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから