減損会計 – 財務・金融用語集 | Mood&Feeling株式会社

減損会計 – 財務・金融用語集 | Mood&Feeling株式会社

減損会計は、固定資産の価値を減額する会計処理を指す。

減損会計が求められるのは、企業が所有する固定資産の収益性の低下により、資産に投資した額の回収が難しいだろうと判断されるときである。どれくらいの減額にするのかは、一定の基準が定められている。
上場企業は義務付けられた会計処理であり、中小企業も、同様の状況があれば、適用/手続きが求められる。

対象となる固定資産は、以下のようなもの。

有形固定資産 …土地、建物、機械など
無形固定資産 …営業権、特許・商標権、ソフトウェアなど
その他資産 …投資有価証券
減損会計は以下の5つのステップで進められる。
1.固定資産のグルーピング
2.減損の兆候の把握
3.減損の兆候の判定
4.減損損失の測定
5.減損損失を損益計算書に計上

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから