B2B、B2C、C2C – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

B2B、B2C、C2C – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

B2B、B2C、C2Cは、ビジネスモデルを考察する際、ビジネスにおける売り手と買い手の関係性を示す言葉の略。
B2Bはビジネスtoビジネスの略で、法人向けの製品・サービス販売を示す。
B2Cはビジネスtoコンシューマーの略で、消費者向けの製品・サービス販売を示す。
売り手と買い手の関係性で、同じ製品・サービスがB2BにもB2Cにもなる。文房具であっても、法人向けのオフィスサプライサービスであればB2B、文具店やコンビニエンスストアで個人向け販売であればB2。クレーン車のようなB2Bのみの製品・サービスも存在する。
C2Cという表現あり、C2Cはコンシューマーtoコンシューマーの略。フリマアプリは一般消費者が一般消費者に製品を販売するので、C2Cプラットフォームと言われる。家事代行も、C2Cプラットフォーム上で提供されるが、家事代行を行うスタッフが一般消費者の場合はC2C、家事代行のサービスはB2C。家事代行スタッフは一般消費者ではなくB側の製品のためである。
B2B2Cがあり、例えばメーカー(B)と消費者(C)の間の小売事業者を真ん中のBとして表現する。最初のメーカー(B)にとっての最終顧客はもちろん消費者であり、消費者に選ばれることが必要である一方、製品自体の売り先は家電量販店となるため、真ん中のBに選んでもらう努力も必要。こういった場合、B2B2Cビジネスモデルを考えていく必要がある。
真ん中のBに着目するケース以外に、最初のBに着目するケースもある。電力自由化後の電力小売や通信委事業者であり、最初のBは自社名を表に出さず小売事業者に製品・サービスを卸し、真ん中のBが自社ブランドとして販売するケース。の最初のBはイネーブラーと呼ばれ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから