ロイヤリティ – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

ロイヤリティ – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

ロイヤリティは、ビジネスシーンで2つ意味がある。

一つは、英語の「royalty」で、特許や著作権、商標を利用する際に、権利所有者に、使用する側が支払う対価。

一つは英語の「loyalty」で、企業ブランドや商品に対する、愛着や忠誠のこと。働く企業に対する従業員の心理動向で使われる。

■「royalty」著作権利用の対価
権利に対して支払う料金をロイヤリティだが、ビジネス上はさまざまな場面で発生する。
フランチャイズチェーンの加盟店は、本部に看板、商標、経営ノウハウにロイヤリティを支払う。
楽曲が、CMやドラマで使う際は、作詞家、作曲家、歌手、楽曲の著作権保持者にロイヤリティを支払う。
ロイヤリティ価格は、権利所有者と使用者の間で、決められ、種類によって相場に大きな幅がある。

■「loyalty」愛着や忠誠心
マーケティングで使われ、顧客や消費者のブランドに対する信頼や共感をブランドロイヤリティと呼ぶ。
「自動車に乗るならトヨタの車」、「スキンケアはこのブランド」というような心理の。特定ブランド、企業全体への信頼やイメージが顧客のロイヤリティにつながること。
マーケティングのブランド戦略は、新規顧客のきっかけ提供、接点の創出、イメージ制作、接点頻度を増やす施策で、継続的、強固なつながりを構築する。
ロイヤリティは、従業員の企業に対する忠誠心の意味もある。
エンゲージメントの用語と類似する。ロイヤリティが従業員から企業に向けられる忠誠的で、エンゲージメントは企業と従業員、双方からの忠誠的のつながり。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから