リーン生産方式 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

リーン生産方式 – 経済・会計用語集 | Mood&Feeling株式会社

リーン生産方式は、主に製造業界で取り入れられ、無駄を省いた効率的な生産方式。

1980年代の日本の製造業における生産方式を、マサチューセッツ工科大学で研究、著書を発表し、1990年に一般化された。
製造業、他分野でも応用され、世界中で活用されている。
リーン生産方式の基本概念は、「不良品を作り出さない仕組み」と「必要なものを必要なときに必要な分だけつくる」。

生産ライン上で問題が発生した時でラインを停止させ、「なぜ」を繰り返し、徹底的に原因を究明し、対策を講じる。
生産現場で起こる「ムラ・ムリ・ムダ」をなくし、生産効率を高める。

【ムラ】
標準を明確にし、ムラを発見し取り除き平準化させる。ムラの出るものは、材料の質、設備、手順、仕事量、従業員のスキルや能力がある。

【ムリ】
多すぎる、遅すぎる、高すぎる、遠すぎる、小さすぎるの過不足のない作業を行う。生産に使う対象物だけでなく、過剰なスケジュールの詰め込みや受注、人員調整にもあてはまる。

【ムダ】
生産現場にある7つのムダを省く。7つのムダは、過剰生産、手待ち、運搬、加工、在庫、動作、不良生産である。

生産フロー、作業、発生した問題、すべてを見える形にし、管理する点も特徴。見える形になれば、改善部分の発見も容易になり、生産の向上につなげがる。
リードタイムの短縮化、工場ラインの流れの円滑化で生産性が向上する。大量生産方式で得られる生産的スケールメリットを加えても成果が出せる。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

経済

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから