RFM – IT・デジタル用語集 | Mood&Feeling株式会社

RFM – IT・デジタル用語集 | Mood&Feeling株式会社

RFMは、Recency(直近)、Frequency(頻度)、Monetary(金額)の頭文字。
3つの要素の数値を元に、顧客の購買活動を分析していくことをRFM分析といい、顧客をランク付けすることでグルーピングする。
マーケティングや販売プロモーション活動の戦略に役立つ。

効率的に、顧客に対して有効なアプローチを見出し、接点を増やして、購買に発展する確率を高める。

R Recency (最新購入日)
F Frequency (購入頻度)
M Monetary (購入価格)
RFMのすべての数値が高い顧客は、アプローチの頻度や質を高める価値が高いと考えれる。
数値が低い顧客は、アプローチをしても、無意味な働きかけで終わってしまう可能性が高い。
RFM分析で、プロモーション活動のターゲットを絞り込み、無駄のない効率的な売上創出を目指せる。

RFMのいずれかの要素だけが高いグループもわかり、顧客の特質に合わせ、グループに異なるアプローチをすることが可能になる。

Rが低い客は、競合に客を奪われてしまっている可能性もある。
Fが高い顧客は、自社や商品へのロイヤリティが築かれている可能性が高いと考えれる。
RFMすべての数値が高ければ、自社にとって優良顧客である。

事業や商品・サービスが、どのようなもので、どのような特質か、RFMの数値の見方も異なってくる点には注意が必要である。自社商品に関しては深い理解が必要。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

デジタル

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから