バックエンドエンジニア – IT・デジタル用語集 | Mood&Feeling株式会社

バックエンドエンジニア – IT・デジタル用語集 | Mood&Feeling株式会社

バックエンドエンジニアは、WEBサイト上のコンテンツ制作し、ユーザーの目に触れない部分を扱うITエンジニアの職種。

WEBサイトの内側の動きに関わるデータベースやサーバーの処理、基幹システムの要件定義や設計・開発を行う。
サーバー側の処理を担い、サーバーサイドエンジニアと言われている。

バックエンドエンジニアが扱う言語は、コンパイラ型言語とインタプリタ型言語。

コンパイラ型言語は、Java、C、C++。
インタプリタ型言語、Perl、PHP、Ruby、Python。
それぞれの言語は効率化を図るためのフレームワークもあり、フレームワークを活用するスキルがあれば作業効率も高まる。

業務の位置づけは、バックエンドエンジニアが用意するサーバーの基盤システムの上に、フロントエンドエンジニアが顧客の依頼に沿って、見える部分のシステムを構築する。
フロントサイドのプログラミングの連携も必要なので、フロントエンドエンジニアが主に扱うjavascriptやhtmlの言語知識も必要。
新たな言語、最新情報やスキルのキャッチアップも欠かせない専門職種。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Mood&Feeling株式会社は、【ファブレス経営】【在庫削減経営】支援をオーダーメードシューズ、オーダーパンプス、オーダーメード商品開発で支援いたします。

ビジネス用語集
ビジネス用語集はこちら

オーダーメードシューズブランド
MooV – Emotional Shoes
問題解決型オーダーメードシューズ MooV – Emotional Shoes はこちらから

Topページ
Topページに戻る

デジタル

サービスやテクノロジーに関するお問い合わせはこちら サービスやテクノロジー
のお問い合わせはこちら
ご注文はこちら ご注文は
こちら

CONTACT

お問い合わせはこちらから